親知らずが気になる

お悩みから探す歯科治療
親知らずとは

親知らずとは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置し、前から数えて8番目の歯のことを言います。第三大臼歯が正式な名前で、智歯(ちし)とも呼ばれることもあります。
永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは20歳前後に生えてくることが多く、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だとも言われています。
親知らずは一般的に、上あごと下あごで計4本ありますが、もともと親知らずの無い人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります。

歯ぐきの中で横になってしまい出てこれないケースもあります。
また、親しらずは生えるスペースが少ないけケースが多く、真っ直ぐ生えてくることが少なかったり、上下で噛み合わせが悪かったり、歯ブラシが届きにくいので虫歯になりやすいこともあります。
そのため、虫歯になってしまったり残しておくと悪い影響しかない場合は、抜歯をすすめられることがあります。
親知らずの状態にもよりますが、口腔外科の領域で簡単な手術が必要になるため、怖い、恐怖感があるなどと、マイナスの印象を持たれることも多いです。
そうなりますと口腔外科の手術が行える個室のオペ室がある方がより安全に治療が行えます。

親知らずは抜いたほうがいいのか

親知らずはきれいに生えないことが多く、特に無くても大丈夫なので抜いてしまうというのは少し乱暴です。
親知らずだから全て抜くというのではなく、適正に生えてきちんと機能している場合や、手前の奥歯が抜けてしまってない場合などはその部分を補うためのブリッジや入れ歯の土台に利用できる場合もあるため、残しておいた方が良いことがあります。
親知らずを抜くというのは場合によっては決して簡単ではなく、処置の仕方によっては、腫れや痛みなどの不快な症状が生じたり、またそれが続くというリスクを伴います。
そして歯を抜くという行為は取り返しがつかないので、抜くメリットとデメリットについて十分にご説明をさせていただきます。
抜くという決断はよくお考えになってからで大丈夫です。

抜いた方がいい場合
親知らずが虫歯になってしまった

親知らずは一番奥の歯なので歯みがきがしずらい箇所です。
磨き残しによって虫歯になることが多いです。
また、虫歯治療ができたとしても再びむし歯になる可能性が高く、親知らずが虫歯になったらあえて治療はせずに抜いてしまった方がよいケースもあります。
また、手前の第二大臼歯も一緒に虫歯になってしまった場合は、すみやかに親知らずを抜いて第二大臼歯のむし歯を優先して治療する必要があります。
長期にわたって放置すると第二大臼歯までも悪くなり、結果抜くことになる恐れもあります。

横向きに埋まっている

親知らずが横向きに埋まっていると周囲炎や手前の第二大臼歯の吸収を引き起こすことがあるので、親知らずを抜くケースが多いです。
しかし、手前の第二大臼歯の吸収が進みすぎると注意が必要です。
吸収が進んでしまったので長期的には保存できなくなってしまうと、2本失うことになります。
そうなりますとかみ合わせが不十分となってしまうために、入れ歯やインプラント等の治療が必要になります。

食べ物がつまる、腫れている、痛む

親知らずが中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えている場合は食べ物が詰まりやすくなります。
つまりやすくなり、歯磨きが不十分な状態になると、不潔となり周囲の歯肉に炎症を起こしやすくなっているため、腫れや痛みを繰り返すことになります。

骨の中に埋まっている

埋まっている場合、悪さをしていなければいいのですが、多くの場合、あごの中の神経を圧迫したり、溝の部分に膿が溜まった袋を作り、患部に痛みや腫れを生じます。
こうなりますとその痛みや腫れを除去するには親知らずを抜かなければならないことが多いです。

抜かなくてもいい場合
親知らずがきちんと生えている

親知らずがきちんと直立して生えていて、上下がお互いに噛んでいれば抜かなくて大丈夫です。

骨の中に完全に埋まっている

親知らずが骨の中に完全に埋まっている場合はただちに抜く必要はありません。
親知らずが、周りの歯や骨に悪い影響を与えることはないと診断でき、痛みや腫れなどの症状がなければ大丈夫です。
ただ将来的なリスクはありますので、定期的な検査の必要はあります。

入れ歯やブリッジの土台になる

きちんと生えていなくとも、ある程度まっすぐに生えている親知らずの場合は、前方にある第一大臼歯や第二大臼歯をなくした場合に、ブリッジや入れ歯の土台として使えることがあります。
虫歯になってしまう可能性もありますが、全体的な咬合を考えた場合、こういったケースでは保存しておいた方がいいです。

移植できる可能性

親知らずを移植し再び使用することができます。
親知らずの手前にある大臼歯を抜かなければならない状況になった時、その部位に移植し、再びかめる状態にできることがあります。
ただし、移植ができるかどうかは移植する部位と親知らずの形態やサイズ、患者さん自身の状態などを考慮し慎重に判断する必要があります。

矯正治療で正しい位置に動かせる

もし親知らずの生える方向が悪くても矯正治療によって噛めるように治すことができる場合があります。
親知らずの生えるスペースが十分にあり、かみ合うべき親知らずも正常に生えていれば、矯正治療によってきちんと機能します。
ただし、矯正治療がすべてのケースで有効であるとは限りません。
矯正治療で治せるかどうかは精密な診断が必要です。

親知らずの治療や診断はどこの歯科医院でもできるというわけではありません。
診断にはレントゲンだけではなく、歯科用のCTで撮影し、立体的な診断ができる方がより精度の高い診断ができます。
また、治療は外科的な手術が必要になることがあります。
インプラント手術を数多く行っている歯医者さんの場合には、まず設備が整っていることが多いです。
個室のクリーンルームがあるとその空間は感染防止になって、かなり清潔な状態となり、抜歯の際でも安心して治療を受けることができます。
そして、滅菌に力を入れている歯医者も多いので、そういった知識のあるスタッフがそろっていますので、その点も安心です。
知識と技術と経験が必要な治療なので、技量のある歯科医師と歯科衛生士がいることで抜歯も安心して任せることができる場合が多いです。

気になることがありましたら、一度当院にご相談ください。

福島県いわき市・茨城県北茨城市の皆さまへ

歯科医療と地域医療に真摯に向き合い30年。
私たち渡辺歯科医院は、新たに「わたなべデンタルクリニック」に生まれ変わりました。
守るべきものは守り、変革が必要と思われる部分には積極的に変革し、より患者さんが快適に、そして何よりお口の悩みが解決できるよう、お応えしていきたいと思います。
スタッフは、常に患者さんが求める治療と技術との融合を目指して日々精進しています。
基本はぶれず、しっかり咬むことが健康への第一歩であると考えております。
まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。
当院では、インプラント治療や歯周病治療を中心に、歯やお口の機能と健康を守ることにより、介護にならずに生活ができる(健康寿命の)期間を延ばすことにもフォーカスし、スタッフ一同日々研鑽に努めてまいります。