診療について

Sequence of Treatment
治療の流れ

過剰な治療は必ず体にダメージを与え治ることを遅らせたり又、別の病気を引き起こしたりします。だから、体にやさしい治療、そしてお口の中全体の将来性も考えた予防も含めた丁寧な治療が必要だと思っています。

この考えは私の長い臨床経験でつちかわれてきたことであり、新しい医療技術や新しい医療機器を取り入れることでより良好な治療結果が得られると信じて日々診療にあたっています。

初診
  • 問診
  • 基本検査とレントゲン診査
  • 必要に応じてCT撮影
  • 処置(来院した原因箇所)
2回目以降
  • 精密検査
  • リスク改善
  • 全体的に必要な治療計画を説明
  • 全体的に必要な箇所の処置
  • 再評価
定期検診
  • 定期検診
  • 基本検査
  • 再評価
Dentistry Services
診療案内



本当は怖い虫歯

歯は食べ物がはじめて出会う消化器です。歯を失うと体全体に大きな影響を及ぼすことがあります。
さらに虫歯菌が出す毒素が血液の中に入り、全身をめぐり様々な病気に影響を与えることが最近の研究で分かっています。

虫歯治療

当クリニックでは、マイクロスコープを用い、ミニマルインターベンション(MI:最小の治療範囲で、最大の治療効果を目指す考え方)をコンセプトに、治療を進めています。虫歯で痛んだ箇所のみを限定して除去するので、痛みもほとんどなく、健康な部分への悪影響が少ない治療です。
初期の虫歯治療では、歯をあまり削らず詰め物をする治療で勧めていきます。詰め物というと一般的には金属の詰め物を使用しますが、金属の詰め物ですとお口を開いた時に中の金属が見えてしまう事に抵抗を感じる方や、金属アレルギーの方もいらっしゃいます。当院でお薦めしているのは白い詰め物です。お口を開いた時に金属の色が見えることがありませんので自信をもって笑顔で会話を楽しむことができます。



歯周病とは

歯周病はこれまで歯槽膿漏という言葉で表されてきました。今では歯周病という言葉が一般に普及してきました。歯周病は字からもお分かりのように、歯のまわりに起こる病気です。歯のまわりにプラークや歯石がたまると歯茎が腫れ、歯と歯茎の間の隙間が大きくなります。この隙間のことを「歯周ポケット」とよびます。歯周ポケットは、歯周病原菌が繁殖するのに適した環境であり、歯周病原菌が入り込むことで、歯茎の下にある歯を支えている骨を溶かしていく病気です。

自覚症状がない初期段階

はじめのうちは、歯茎から血が出るといった症状しか示しませんが、進行すると歯がぐらつきはじめ、歯茎が腫れたり、膿が出たりするようになり、そして最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は進行が通常はゆっくりしているため、歯茎の腫れ、出血あるいは退縮が生じたり、口の中がねばついたり、口臭が増したり、歯がぐらつくようになるなど、さまざまな症状が現れるにもかかわらず、自覚症状として気づくことが少ないのでSilent disease「沈黙の病気」と呼ばれています。

これらは歯周病の症状です

|

|

人に優しいレーザー治療

歯科用レーザーは医療用レーザーの一つで、痛みが少なく治療できるのが最大の利点です。ムシ歯や歯周病などの治療や、歯肉の着色を落とすなどの審美歯科に応用されています。レーザーはムシ歯の黒く蝕まれた湿った部分に照射すると、それらの部分だけに反応して瞬時に焼き飛ばします。しかし、ムシ歯以外の部分へのダメージはありません。
また、殺菌効果が高いので難しかった根の部分の治療にもレーザー治療は効果を発揮します。痛みもなく、治療期間も大幅に短縮できます。

効能・効果
  • 虫歯を最小限に取り除き、健全歯質を多く残すことが出来ます。
    現在通常使用されている切削器具(タービン)は削って虫歯を除去するときに熱が発生するため、痛みが出る原因になりますが、レーザーは熱を出さないため痛みがありませんまた、タービンの場合は虫歯を完全に除去するために少し余分に削るようにしますが、レーザーは虫歯だけ除去が可能です。(部位によっては、タービンを併用します)
  • 歯槽膿漏による歯ぐきの腫れ、出血、口臭を抑えることができます。
    現在当院で使用している「エルビューム ヤグ レーザー」のレーザー波の3大特徴として『殺菌』『消毒』と『組織の活性化をうながす』と、いうことがあげられます。ですから、今までよりずっと積極的に治癒を早める効果があります。
  • レーザーの殺菌力が根の治療に有効的です。
  • 知覚過敏による、歯の痛みやしみを和らげることができます。
    レーザー波が歯の表面を一層溶かすことで外からの刺激を遮断する層を作ってくれます。
  • 口内炎の痛みを和らげ早く治すことができます。
    組織の活性化(回復力)を促進する力で早めに治癒します。



定期検診

ムシ歯や歯周病をきちんと予防して健康な歯を維持するには、セルフケアとプロフェッショナルケアの両方が欠かせません。
日々のセルフケアで、ムシ歯になりにくい環境作りがまず重要です。
そして、歯科医院で3~6ヶ月毎に定期健診を受け、リスクの判定やブラッシングの指導など、一人ひとりに合った適切な指導を受ければ、長期にわたって健康な歯を維持することが可能となります。
当院では、人それぞれにちがうムシ歯や歯周病の原因やリスクをきちんと見極め、ひとりひとりにあった予防対策をさまざまな角度から考えています。
私たちがめざす「トータルヘルスケア」。人びとが健康な歯と、健康なからだと、健康な生活を保てるように、すべての人が自らお口の環境を考え、行動を起こすきっかけづくりを促進します。



経済的ですが、前歯でも銀色のバネしか使用できず、お口を開いたときに見えるので入れていることがわかりやすいです。

金属のバネがないため、見た目が綺麗で入れ歯と気付かれません。水便吸収を抑えたプラスチック素材で、衛生的です。




審美歯科で美しく健康に

美しく健康になるために歯がきれいな人は表情が豊かで、人々に親しまれ愛されます。歯に自信があれば、人に対しても何の屈託もなく笑ったり、食事をしたり、おしゃべりができます。
しかし、歯並びが乱れていたり、汚れていると必然的に意気消沈した消極的な表情になります。歯は人を育てるといっても過言ではありません。
美しく健康な歯を回復することにより、歯と顔貌の審美性が獲得され、調和のとれた美しい笑顔を取り戻すことができるのです。

ジルコニアクラウン

ジルコニアオールセラミッククラウンは、クラウン全体がセラミック(陶器)で出来ている白の陶材のかぶせ物です。金属を一切使用していないクラウンなので、色調の点でもきわめて自然の歯に近いものを再現することができ、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。また、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。

ハイブリットインレー

通常健康保険内では虫歯を削った後には金属の詰め物を入れますが、より自然の歯に近い光沢や色調のものにするためにセラミックスの材料に置き換える事で審美性・封鎖性・生体親和性を向上させることが可能です。
オールセラミックスクラウンと同様、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。

メタルボンド

金属とセラミックを張り合わせたさし歯の事を指します。現在、一般的に製作されているセラミックのさし歯がこのタイプです。金属フレーム(セラミック焼結用土台)の上に、セラミックを焼結させた構造ですので、もっとも自然の歯に近い色や形、歯並びを再現できます。








インプラントとは

インプラントとは“植える”という意味で文字どおり歯の抜けた部分に人工歯根を植えつけて支柱とし、その上に支台部(歯を直接支える部分)と人工の歯をしっかり固定し、かみ合せを回復する方法です。
インプラントは生体親和性が高いチタンを用います。骨とチタンの結合はオッセオインテグレーションと呼ばれ、スウエーデンのブローネマルク教授が1952年に偶然発見し、13年に及ぶ研究を経て、1965年、初めて臨床応用され、世界中に広がりました。
今では150万人を超える患者様に適用され、有効性と安全性が十分に確認されています。インプラント治療によって、見た目も自然で、天然の歯とほとんどかわらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことが出来ます。

福島県いわき市・茨城県北茨城市の皆さまへ

歯科医療と地域医療に真摯に向き合い30年。
私たち渡辺歯科医院は、新たに「わたなべデンタルクリニック」に生まれ変わりました。
守るべきものは守り、変革が必要と思われる部分には積極的に変革し、より患者さんが快適に、そして何よりお口の悩みが解決できるよう、お応えしていきたいと思います。
スタッフは、常に患者さんが求める治療と技術との融合を目指して日々精進しています。
基本はぶれず、しっかり咬むことが健康への第一歩であると考えております。
まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。
当院では、インプラント治療や歯周病治療を中心に、歯やお口の機能と健康を守ることにより、介護にならずに生活ができる(健康寿命の)期間を延ばすことにもフォーカスし、スタッフ一同日々研鑽に努めてまいります。