歯が欠けてしまった

お悩みから探す歯科治療
こんなことありませんか?

よく食事中に、おせんべいやピーナツなどの固いものを食べた程度で、歯が欠けてしまった経験がある方もいらっしゃるかと思います。
他にもスポーツで相手と衝突してしまった時や転んでぶつけたり、接触事故で外傷をおってしまったりなど様々な要因で歯が欠けてしまったなんて方もけっこういらっしゃいます。
歯が欠けるといっても度合いによって、歯やその周辺組織にも様々なダメージをうけます。

  • 歯がぐらぐらする
  • 歯が小さくかけた
  • 歯が大きく折れた
  • 歯がしみる
  • 歯の神経が死んで変色してきた
  • 歯が抜けた・脱臼した
  • 歯を支えている骨が骨折する
  • 歯肉から出血している

歯根膜、骨、歯肉の損傷は治癒することができます。
神経の損傷は炎症度合いが低ければ治癒しますが、ある一定以上の炎症になると収まらず、神経が最終的には壊死してしまいます。
歯の損傷だけは治癒することができません。

もし、欠けた部分が小さく破片が残っているのであれば、牛乳に浸して持ってきてください。
また、学校の保健室に「歯牙保存液」がある場合がありますので、あった場合はそちらの液に歯をつけてご持参下さい。

欠けた部分が大きい場合は、被せ物など歯冠修復が必要となります。

状態別治療法
欠けているのが小さい場合

前歯などで小さく欠けている場合は、レジン充填と呼ばれるプラスチックの白い詰め物で治すことができます。こちらは保険治療で対応が可能です。
強度は、セラミックや金属と比較すると劣ってしまいますが、欠けた部分だけ詰めて修復できるので、余計に歯を削る必要がないことがメリットと言えます。

欠けているのが中範囲の場合

前歯などで中くらいに欠けている場合は、歯の全体を被せる必要があります。
保険診療の場合は、金属のフレームの上にプラスチックを盛る被せ物になります。
自由診療の場合では、オールセラミック冠が一般的です。
奥歯で欠けた場合の保険診療では、被せ物が銀歯かプラスチックの歯になります。詰め物であれば、銀の詰め物になります。
自由診療では、セラミック冠またはセラミックインレーと呼ばれる詰め物になります。

欠けているのが大きい場合

神経が残っていて大きく欠けた場合は、神経を残すことができれば、全体に被せ物をします。
神経が露出してしまっている場合は、神経を取り除き、根っこの治療が必要となります。
神経を取った歯はもろくなりやすく、破折のリスクがありますので、土台(ポスト)を入れてその後、強度を出すために、全体を被せ物とする形にします。

大きく破折してしまった場合

歯が骨の下まで広がる程破折してしまった場合、歯を保存するのは難しくなってしまい、抜歯することとなります。
抜歯後、そのまま放置してしまうと、周辺の歯も失うリスクが高まりますので、ブリッジ、入れ歯、もしくはインプラント治療が必要となります。

外傷により脱臼した場合

脱臼したまま放置するのは良くありませんので、早急な治療が必要です。
脱臼した歯と隣の健全な歯を接着剤で固定することでまた使えるようになることもあります。
この場合には、腫れたり、痛みが出たりするので、鎮痛剤などが必要です。
脱臼しても歯が残っていなければ、大きな破折と同様に、ブリッジ、入れ歯、インプラント治療が必要です。

歯が欠けた度合い、欠けてしまっていても違和感や痛みなどの症状がなく、そのまま放置していると、舌を傷つけたり、痛みが出たり、腫れたりするリスクがあります。
それぞれの状態、程度に応じた治療方法がありますので、早急に相談されることをお勧めします。

福島県いわき市・茨城県北茨城市の皆さまへ

歯科医療と地域医療に真摯に向き合い30年。
私たち渡辺歯科医院は、新たに「わたなべデンタルクリニック」に生まれ変わりました。
守るべきものは守り、変革が必要と思われる部分には積極的に変革し、より患者さんが快適に、そして何よりお口の悩みが解決できるよう、お応えしていきたいと思います。
スタッフは、常に患者さんが求める治療と技術との融合を目指して日々精進しています。
基本はぶれず、しっかり咬むことが健康への第一歩であると考えております。
まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。
当院では、インプラント治療や歯周病治療を中心に、歯やお口の機能と健康を守ることにより、介護にならずに生活ができる(健康寿命の)期間を延ばすことにもフォーカスし、スタッフ一同日々研鑽に努めてまいります。